岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

【終了】秋のペルシャ絨毯展(盛岡店)

盛岡店では10月27日(金)から31日(火)まで、ペルシャ絨毯展を開催します。

ペルシャ絨毯。
それは何百年もの伝統を誇る、中東はペルシャ=今のイランを中心に作られてきた、
世界中にその名を知られる工芸品。
その起源は、紀元前にまで遡ります。
以来2000年以上にわたり、様々な王朝の衰勢やモンゴル帝国などの支配を乗り越え、
その歴史と伝統、そして技術を今に伝えています。
かつては宮殿の内部で、そして貴族の邸宅で、その美しさを誇っていました。
20161025-2

ペルシャ絨毯の魅力は、なんといってもこの色彩。
産地により柄や色味は異なります。
それは長年の歴史の中で守り伝えられてきた、地域の伝統なのです。
赤、青、緑、黄色、黒など、様々な色が花畑のように詰め込まれた、1枚の絨毯。
これほどたくさんの色を使ったら、ふつうはデザインが破綻してしまいます。
そうならないのは、長い長い歴史の中で、歴代のデザイナーや職人によって
磨き抜かれたものだから。
20161025-3

これだけ鮮やかな絨毯は、和室や木の家具には似合わない?

・・・ほんとうに?
20161025-4

「ペルシャ絨毯」と言われるものの多くは、今ではパキスタンや中国で織られ、
安く出回るようになりました。
でも、それは「南部鉄器」の名を冠しながら、海外で作られているようなもの。
私たちは、イラン地域で織られた本物のペルシャ絨毯だけを揃えました。
中には、普通では仕入れることすらままならない、シルク100%のものも。
会期中は専門家が常駐し、絨毯選びから、お手入れのしかたまで教えてくれます。
そうそう、お手持ちのペルシャ絨毯の、クリーニングのご注文もいただけますよ。
20161025-5

ペルシャ絨毯の世界は奥深く、想像以上に文化的で、家具とはまた違った楽しみがあります。
皆様のお越しをお待ちしております。

※ 写真は過去の展示会のものです。

ペルシャ絨毯展 盛岡・ギャラリー純木家具
期間:10月27日(金)~31日(火)まで。
時間:10:00〜18:30(最終日は夕方まで)
場所:ギャラリー純木家具
〒020-0063 岩手県盛岡市材木町8-26
tel. 019-624-4323

関連記事