岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

BLOG|YouTubeに動画を掲載しました

大きな栗の木の製材シーンです。
この栗は、岩泉の隣の田野畑村産。
実はうちの職人の山から本人が伐採してきたものです。
これから野積みして天然乾燥させますから、使えるようになるのは早くとも再来年。
素晴らしい一枚板のカウンターになると思います。

岩泉純木家具で使う材木の多くは、板ではなく丸太の状態で仕入れます。
そこから製材、天然乾燥、蒸気乾燥、養生まですべて自社で行っています。
この製材機は昭和33年製。
工房の前身である製材所時代から活躍しています。

※音量にご注意ください

関連記事