岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

日常の仕事が戻ってきました

年明けから半月、1月も後半です。
岩泉町は山間の町なのでさぞ雪深いだろうと思われがちですが、
太平洋岸に近いので、あまり降りません。
1月下旬、ちょうど今くらいから3月にかけてはまあまあ降ります。
2月から3月の春雪がピークですね。

今年もその雪の季節になりました。
一晩で20センチあまり、この時期にしてはまあまあ多い方です。
この時期の雪は軽く、箒ではけるほど。
それでも、朝は総出で雪かきです。

20170117_01

被災からの建物復旧の際に、ご援助をいただき、
壁に断熱材が入り、木枠窓がサッシ窓になりました。
作業中はずいぶん暖かくなりましたが、
それでも夜から朝にかけて、氷点下10度を下回るほどの寒さ。
砥ぎ場の水も朝にはすっかり凍ってしまいます。

20170117_02

今月上旬に、待望の機械が何台か、修理を終えて戻ってきました。
これまでは最低限の機械だったので、
一部再開した家具作りも時間がかかっていましたが、
これで6割方、平常に戻りました。
椅子はまだ再開に至りませんが・・・。

20170117_03

年末から再開したのが、テーブル脚の製作です。
これは最低限の機械でこなすことができました。

20170117_04

切れ目を入れ、楔(くさび)を入れてしっかり固定する
「割楔(わりくさび)」技法。

20170117_05

テーブル天板も仕上がってきました。
ただ、これはご注文いただいているぶん。
完成直後に被災してしまったケヤキの天板です。

20170117_06

お店に並べるぶんも、徐々に作り始めています。
北上さくら野店向けのクルミ材のテーブル。
耳と天板の境目の角をなくすべく、丁寧に手作業で仕上げ。

キャビネットなどの箱型家具づくりも始まりました。
これは友人が注文してくれたテレビ台。
2月にお届けできそうです。

20170117_07

関連記事