岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

やっと、そしてこれからも

昨日、岩手朝日テレビさんの取材をいただきました。
内容は、今月末で台風10号から半年につき、
現在の復旧状況をお伝えしたいというもの。

聞くまで意識していなかったんですが、
もう半年になるんですね。

秋から徐々に木工機械の修理が進みましたが、
今月、最後の機械たちが修理を終えて戻ってきました。

そして、集じん機の配管修理。

20170222_2

おかげさまできれいになり、これで木ぼこりに咳き込みながら
仕事をしなくても良くなります。

20170222_4

昨日は大型機械の修理をいただいて、
こちらも一段落。

20170222_3

そうかと思えばやはりサビたり瓦礫に押されたりした影響で、
精度が狂ってしまっているものも。
木工機械も手道具と同じく、精度が命です。
機械屋さんのお力を借りながら、今後も1つずつ進めていきます。

20170222_5

残る大きな課題は全損してしまった大型機械と、
全壊してしまった木材倉庫の復旧。

双方合わせて年間売上の数十パーセントにのぼるだけに、
今のところめどがたちません。

できることからやっていくしかありませんね。

引き続きがんばります。

関連記事