岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

9/16

たくさんの方々のご協力をいただき、おかげさまで確実に、
復興へと歩みを進めている岩泉純木家具です。

ただ、最近ちょっとジレンマが。

うちは進んでいますが、まだまだ手が付いたばかりの地区や、
高齢者の住人が一人で泥出しをやらざるを得ないお家や、断水している地域など、
たくさんあります。
岩泉地区だけではなく、盛岡寄りの小川地区、海側の小本地区、
それに大川、釜津田、浅内、松橋、安家、有芸など、小規模地区はいくらでもあります。
全体として、今は人手が必要なとき。
うちでも自社のことで精一杯なので、お手伝いもできておりません。
ボランティアをして下さる皆さま、おかげさまで弊社は前に進んでおりますが、
これが岩泉町や、近隣の被災地の姿ではありません。
ぜひ町全体に思いを馳せていただき、困っている方々に手を差し伸べていただければ幸いです。

> ボランティアについて

岩泉純木家具では、売上の一部を町の義援金に寄付します。
本日、今月前半の売上から振り込みをいたしました。
少しでも助けになればと思います。今後もできる限り継続していきます。

さて、元気を出すためにも、身近なところの復旧情報を載せましょう!
工房すぐ近くの町道の崩落箇所、次第に仮復旧が進んできました。
大きな道路だけではなく、生活道路にも復興の足音が聞こえてくるのは
嬉しくなりますね。
同時に、後ろに見える岩泉第二発電所のチェックをすべく、
東北電力さんが来ていました。
第一発電所は被災まもなくから多数の関係者が集結し、復旧に努めていましたが、
こちらは道路が崩落したこともあり、手がつかなかった様子。
もともと被害がなかったのか、これから修復するのかは、わかりません。
20160916_1

今日の注目はフォークリフト。

被災すぐの9月2日の姿です。
意外と泥が少なく見えますが、手前には50センチ近い山盛りの泥土が。
また、見えにくいんですが、泥は少なくても、フォークリフトのお尻が冠水するくらい、
水が溜まったあとが見えます。
20160916_2_0

5日後の姿。
重機で手前の泥を運んでもらったことと、知人の三浦さんが一家総出でお手伝いして
くださったことで、やっと足元まで見えるようになりました。
エンジンルームを開けて乾かしていますが、エンジンはほぼ冠水していました。
同じような状態だった、トラックとバンは、廃車になっています。
フォークリフトはいかに。
20160916_2_1

そして今日。
コマツリフトのスタッフさんが、確認に来てくれました。
「あー・・・思った以上に水が来ちゃってますねえ。エンジンが完全に浸ってますし、
オイルにも水が混じってます」
と渋い顔。
オイル交換などをして、各所チェックして、30分後。

さすが世界のコマツリフト!

驚きました。
フォークリフトのエンジンは、自動車よりシンプルな構造なので、なんとかいけるかも、
という話は聞いていましたが、エンジン冠水となると、ちょっと難しいかと思ってました。
ところがこんなに快調に回るようになるとは!
今回はとりあえず起動確認だけで、今後必要なメンテナンスを行い、
晴れて復旧する見通しです。
これ1台で数百万円しますから、修理できるのか廃車になるのかで、
まったく状況が変わってきます。
車2台は残念でしたが、こちらは幸いでした!

さて、工房内は、いよいよ床下の確認に進みます。
布団のように広いベタ基礎が多い中で、ここだけは深くなっており、
泥の重さと、湿気による腐れで、部材が折れ、床が落ちてしまっていました。
板を剥がすと、下は泥だらけ。
20160916_3

床板剥がし、下の泥のかき出しなどは重労働で、なかなか進まなかったんですが、
大きな援軍が!
東京のKINARI International代表の山田康生さん、大船渡の東海新報の佐藤琢哉さんらが、
お手伝いに来てくださいました!
早朝の出発でお疲れも大きい中で、手際良くどんどん床板を剥がし、
泥をかき取ってくださって、たかだか数時間で一気に片付けてくださいました。
今日の昼ころまではかかると思っていたんですが、一足飛びに片付いちゃいました!
ほんとうにありがとうございました。
20160916_4

激励のお言葉やFacebookなどの「いいね!」も含めて、お一人お一人の支えをいただいて
一歩ずつ進んでおります!
元気があれば復興できる!!
この先も頑張ります!
20160916_5

さて、ここで宣伝です。
岩手めんこいテレビさんの取材をいただき、5分間の番組として取り上げてくださいました。
放送は終了しましたが、下記リンクから動画で視聴できます。
今回の取材は、以前別件で来てくださったスタッフさんが、弊社の状況を知り、
ぜひにとお声をかけてくださったもの。
スタッフさんのお心により実現したものです。
ぜひご覧ください。

> 岩手めんこいテレビ 台風10号被害 再起へ動き出した岩泉町の家具工房を取材しました。

関連記事