岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

9/25

たぶんけっこう久しぶりだと思いますが、
からりと晴れた日が2日ばかり続いています。
日差しは少々暑いものの風は涼しく、空気も乾いていて、
もう秋の雰囲気がありあり。
町のスーパーには、マツタケがたくさん入荷しています!
風もあるので、この機会に、土台や基礎の乾きが進んでほしいものです。
一方、朝夕は山間部を中心に、10度を下回る日が出てきていて、
希望支援物資に、冬用の衣料や毛布が挙がってきています。
なお、支援物資については、事前に町まで問い合わせをお願いしたいとのこと。
詳しくは、下記の中ほどにある、物資の情報項を参照ください。
https://www.facebook.com/Junbokukagu/posts/1117285868353745

さて今日は、初公開となる、崩落しかけている倉庫を、
下から眺めた迫力ある写真からご紹介します!
崖の上のなんちゃら、というか、ブラックジャックの家というか。
20160925_1

弊社の木材置き場は、川沿いにありますが、これくらい高い位置にあります。
そのため、浸水はしなかったものの、濁流で土地そのものが崩され、
倉庫が3棟も流失してしまいました。
そして、残りのうちの2棟も、ご覧の状況にあります。
20160925_2

支えの棒を入れるには危険すぎ、クレーンで吊るには基礎のコンクリ強度が弱く、
大規模な土木工事をするには予算がない。
打つ手がなくて困っていましたが、いつもいつもお世話になっている、
役場の盟友、今村さんが、お友達の建設屋さんを紹介してくださいました。
そのかたも、お忙しい中、花巻市からすぐに駆けつけてくださって、
一緒に現場を視察していただいた次第です。
20160925_3

わかりますでしょうか、この高さ。
しかも、ベタ基礎が大きく割れ、下から中が窺えます。
崩れ落ちた基礎の部分にあった材木は、数枚を残して、濁流に消えてしまいました。
20160925_4

それでも、おかげさまで、残った材木をなんとか救い出せるよう、
方法をご提案いただくことができました!
これまでは、倉庫ごと落としてしまい、それからクレーンなどで板を回収するという、
最後の手段しか残されていませんでした。
それがなんとかなるかもしれません!
今回の被災では、こういった人と人とのつながりから、いろいろなご協力を
いただくことが多く、たくさんの方々から大きな大きな力をいただいています。
ほんとうにありがとうございます。
まだ、詳細部分のご検討をいただいているところなので、
実行に移せたときには、改めて報告いたします。
20160925_5

被災瓦礫は、海に近い小本地区の、広い敷地に集められています。
公的な回収もありますが、うちでは、最近は直接持ち込んでいます。
現場では、可燃、不燃、木材、家具、家電、土砂、危険物など、
ある程度細かく分けて、廃棄することになっています。
それらはどんどん溜まっていくので、重機で山にしてくれています。
20160925_6

これは「家電」の敷地ですが、ほとんど冷蔵庫でしょうか。
これはただのゴミではありません。
これほどたくさんの家が被災し、生活できなくなっているということです。
そして、今日もどんどん増えています。
20160925_7

「可燃物」の敷地。
見上げるばかりのゴミに見えますが、よく見ると、座布団、かご、
おもちゃ、衣装ケース、つぶれたサッカーボールなど、
1か月前までは、生活の中で、毎日使われていたものばかり。
右奥にある山は「畳」です。
畳だけで、ちょっとした体育館など埋まってしまいそうです。
20160925_8

重機を操縦している業者さんが、
「(岩泉町としては)津波の時より酷い」
「まだここには屋根や柱材が来てない、全壊した家の解体が始まったら、
どれだけ増えるのか想像もできない」
とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

町なかの仮置き場にはこんなものが。
20160925_9

寄ってみると「梅酒」の文字が読み取れます。
丹精込めた手製の梅酒が、日常生活とともに、
もしかしたら家そのものとともに、失われてしまいました。
20160925_10

さて、工房です。
次から次に、やらなければならないことが、増えてきます。
床剥がしが一段落しそうなので、並行して、壁も剥がしていきます。
20160925_11

とりあえず、水につかった部分は、できるだけ剥がします。
最低でも、泥がたまっていたところは、表も裏も剥がします。
内壁と外壁の間には、最低でも5センチ以上、多いところでは30センチも泥がたまり、
その下の土台は、1か月近くたった今でも、布ならば絞れるほどに濡れています。
20160925_12

土曜日の午前中には、先日も来てくださった志和造林の志和さんが、
長男さん・次男さんのお二人でお手伝いしてくださいました!
おかげさまで、工房内の床はもう一息のところまできました。
今週中に、壁と床とを終わらせてしまいたいと思います。
20160925_13

関連記事