岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

9/29

いよいよ月末。
明日で、ちょうど1か月経ちます。
今日は、毎日新聞さんの取材をいただきました。
その中で、当時のことを振り返ってみたんですが、被災が8月30日の夜。
ずいぶん長く感じた停電は、私の近辺では9月2日の夜には、復旧していました。
たったの3日間。
でも、真っ暗な夜は、それはそれは長く、眠れぬ時間でした。
実はまだ、停電している地区があります。
断水している地区もあります。
ボランティアさんが、まだ派遣されないお家も、たくさんあります。
まだまだ、見通しのつかない道のりです。
弊社も、機械の修理や、廃車になった車の代わりの中古車購入や、
工房の修復など、大きな難関である復興費用が、具体的に見えてくる時期。
ここからが正念場です。
気合入れて頑張っていきます。

うちの象徴の一つが、昭和33年に、前身である工藤製材時代に導入した、
古い製材機。
これを使って、仕入れた丸太を板にしてきました。
写真は今年の春のものです。
20160929_0

製材機は、地面から30センチほど、かさ上げされていますが、
すっかり泥水に浸ってしまいました。
そして、お約束の泥まみれ。
20160929_1

お手伝いに来てくださった、三浦さんご一家のおかげで、なんとか表面の泥は片付きました。
これから大きな障壁である、モーターの修理に入ります。
来てくれた業者さん、あまりの被害状況に加え、泥まみれであること
(※弊社が前もって泥を落としておかなかったこと)に絶句。
ちょっと余裕がなくて、ごめんなさい(汗)
20160929_2

このモーターも、とても古いもの。
代替が難しい一方で、古いものは構造がシンプルなので、きれいに洗浄できれば、
直る可能性も高いと聞きます。
とりあえず今回は、トラックでモーターのみ持ち帰っていただきました。
その修理の結果を待ちながら、製材機の台車のほうも、診てもらわねばなりません。
最悪の場合、別の業者さんから、中古の製材機を販売いただけるようです。
ただ、この製材機は、祖父の代から使ってきた、思い入れのあるもの。
なんとか直ってほしいものです。
20160929_3

さて、工房ですが、塗装場などを除いた作業場は、ほぼ床を剥がし終わりました!
ここで一気に、床の水洗いです。
20160929_4

なんかこう、年末大掃除を終えた後のような、さっぱりした部屋に(笑)
水はこの後、デッキブラシやスクレーパーで、できるだけかき出しました。
驚くことに、水だけならかなり早く乾きます。
泥は長いこと湿っぽいんですけどねえ。
20160929_5

ここで、被災を目の当たりにした時から温めてきた、復興プランの相談です。
機械と、作業スペースの配置を見直すこと。
なにしろ、据え付け型の機械は重いです。
何百キロもありますから、一度据え付けてしまえば、おいそれとは動かせません。
集じん機の配管や、電源の配線の問題もあります。
そのため、何十年も、ほとんど場所が変わりませんでした。
その間に、空いている場所に別の機械が入ったり、棚ができたり、補強の柱が立ったり、
気づいてみれば、広い作業場なのに、なんだか狭苦しく、動線がぶつ切りになっていました。
これを機会に、ゼロベースで見直します!
また、できることなら、何十年も使ってきて、かなり老朽化している電気の配線も見直したい。
能力の数割しか活用できていない集じん機も、タコ足配管を見直して快適に動かしたい。
費用とのにらめっこが続きますが、なんとか実現させたい課題です。
20160929_6

今日の午前中には、8キロばかり離れた、落合の材木置き場に行きました。
この一帯は、岩泉の中心地から近いわりに、断水が最も長く続いています。
月内ぎりぎりに復旧する予定が、ここへきて数日延期になってしまいました。
何十キロも離れた奥地よりも遅いのは、なぜなのか。
理由は、水源地です。
岩泉は広いため、水源地が実に13か所に分散していて、
それぞれの集落の水道となっています。
ですから、集落ごとに、水道水の味が違うんです。
おいしい岩泉地区の水道水でさえ、まずいと言う、他地区の人もいます。
この二升石地区は、水源地が、土砂崩れなどで壊滅的な被害を受けました。
そして、水道管も、何か所も切断されてしまったそうです。
そこで、水源地を変え、そこから小規模浄水場に誘水し、
壊れた地下の水道管をあきらめて、ところどころで異例の地上配管をし、
なんとか少しずつ、給水範囲を広げています。
今日は、うちの材木置き場の目の前で、作業員さんが作業していらっしゃいました。
応援で岩泉に来ているのであろう、盛岡市上下水道局の方々でした。
消火栓から泥水が出ています。
20160929_7

お邪魔にならないよう、お話を伺いました。

私「これ、泥水ですけど、井戸水かなんかですか?」
職員さん『いえ、上水道管から引いてます』
「えっ」
『水源地がひどいことになったり、あちこちで管が壊れて土砂が入り込み、
こんなことになってます』
「これはひどい・・・」
『泥水が出るだけマシです、ひどいと完全に詰まってしまって、
高圧洗浄車を使わないと、泥が出せません』
「水源地も、水道管も、ほんとに大変な状態なんですね」
『それ以外にも、減圧装置も土砂が詰まってしまい、その洗浄にも時間がかかります』
「減圧装置って何ですか」
『水源地から居住区までは、高低差があります。その落差で、水圧がかなり高まります。
必要な個所で減圧してやらないと、水圧が強すぎて大変なことになります』
「蛇口をひねるとぶしゅーって水が噴き出すとか」
『家庭の水道が破裂します』
「」

「これから冬になりますが、地上に配管している水道管は、凍らないんですか?」
『そのままだと凍ります。ですから、凍らないように保温などの工夫をするか、
このように夜間もどこかで水を流し続け、常に水を動かすか、ですね。
流れている水は凍りませんから。いずれ、これだけの被害が出るのは異例なので、
いろいろな検討をしながら進めています』

とのことでした。
たくさんの専門家、職員、業者の方々が、力と知恵を総動員し、
懸命の作業を続けてくださっています。
丁寧なご対応をいただき、ありがとうございました。

材木置き場に行った目的は、先日社長さんが自ら来てくださった建設業者さんの、
技術・作業担当さんと、崩落しかけている倉庫の、材木救出大作戦の打ち合わせです。
実際に作業してくださるかたに、時間をかけて調べていただくと、
どうやら少々難航しそうです。
なにしろ、崩れずに1か月も建っているのが、不思議なくらいだそうです。
それもそのはず、被災数日後に、土木技師の方に写真をお見せしたら、
「あー・・・これはたぶん、雨が降っても降らなくても、近々崩落すると思います」
とおっしゃってましたから。
その後、暑い日々を乗り越え、雨を乗り越え、軽い台風を乗り越え、
未だにそびえ立っている。
ド根性倉庫、とでも名付けましょうか。
見てくださいこのスケール感!
20160929_8

乱暴に扱えば崩落する、バランスを崩せば崩落する、時間をおきすぎても崩落する、
大規模工事をするほどの予算はない、場所は悪い、という悪条件の中ですが、
なんとか解決策を考えてくださいました。
明日は重機を持ち込んでおいて、土曜日の朝から作業開始。
とにかく、一番怖いのは事故です。
崩落するだけならなんてことありませんが、そこに人が巻き込まれてしまうのは、
なんとしても避けねばなりません。
素人が手を出すと、ここのリスクの判断ができず、最悪、生死にかかわります。
プロのお力で、なんとか無事に終わらせていただきたいと願うばかりです。
ところで、濁流で洗われた川岸はこんな感じ。
「ゴジラの肌」とでもいいましょうか、荒い岩肌です。
岩泉はこういう地層が極めて多く、倒れた電柱の復旧をするときも、
地盤が固すぎて、電柱を埋める穴が掘れないところもあるそうです。
20160929_9

関連記事