岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

家具のお手入れのしかた

当社の家具は、革製品と似ています。

適切なお手入れをしていただくことで、新品の家具より風合いがよくなります。

お手入れは簡単ですので、ぜひちょっとした一手間をかけてあげてください。

※ 他ブランドの家具をお使いの方は、それぞれのブランドが推奨する方法でのお手入れをお勧めします。

基本は乾拭き

乾拭き

家具の基本的なお手入れは、乾拭きです。

当社の家具はウレタンなど石油系の塗料を使わず、植物系オイル仕上または漆仕上げです。

これらの塗料はとても質感は良いのですが、耐久性はやや劣ります。

濡れ布巾でごしごし拭きますと、少しずつ、汚れと一緒に塗料まで拭き取られてしまいます。

塗ってある植物系オイル、漆が拭き取られると、シミがつきやすくなります。

オイルや漆が効いていると、例えば醤油をこぼしてもすぐに拭けば跡がほとんど残りません。

しかし、塗ってある植物系オイル、漆が拭き取られると、シミがつきやすくなります。

ですので、日常的なお手入れは柔らかい布巾で乾拭きをお勧めします。

食べこぼしなどで汚れがついたら濡れ布巾を使う

汚れがついたら、固く絞った濡れ布巾でさっと拭き取りましょう。

汚れに気づかず時間が経過し、わずかにシミが残っても、完全に拭き取ろうとしない方がいいです。

一生懸命ごしごしと一カ所だけ拭くことで、汚れは落ちても塗装まで落ちてしまい、そこだけ艶がなくなり白っぽくなってしまいます。

少しシミが残っても、別途ご説明するお手入れオイルを使ったお手入れをして、全体を馴染ませたほうが、テーブルとしての落ち着きが出て質感はよくなります。

時々お手入れオイルを塗る

シミがつきやすくなってきたと感じたら、お手入れオイルを塗りましょう。

刷毛などを用意する必要はなく、適当な布で刷り込み、拭き取るだけの簡単な作業です。

毎食後に濡れ布巾を使っている場合には1週間に1回から2週間に1回くらい。

ほぼ乾拭きだけで、たまに濡れ布巾を使うだけの場合には半年に1回から1年に1回未満で十分です。

詳しくは別項目でご紹介します。

動画でのご説明

YouTubeチャンネル登録

乾拭きには手ぬぐいがおすすめ

普通の布巾でもいいのですが、漆仕上の家具など、特に丁寧にお手入れをしたい場合には、手ぬぐいをお勧めします。

一般的なタオル地の布巾は、ループ状の太い糸でできているため、塗装を傷めてしまうことがあります。

手ぬぐいは糸が細く、しなやかであるため、お手入れにはぴったりです。

ご購入はこちらから

ご紹介した手ぬぐいやお手入れオイルは、店舗または下記からご購入ください。

手ぬぐい【岩泉純木家具公式ストア】

お手入れオイル【岩泉純木家具公式ストア】

岩泉純木家具について

お手入れオイルの使い方

森と水の町で家具作り

純木家具の商品

関連記事