岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

岩泉町産の丸太を仕入れてきました

いよいよ秋も深まり、
広葉樹の丸太仕入れシーズンになりました。

当社は板ではなく、丸太を買って
自社で製材して家具を作っています。

材木はいつでも買えるように思いますが、
広葉樹の場合は冬が基本。

夏場の材木は質が劣ったり、
カビが生えてしまったりします。

木は生き物ですので、根から葉へと
水と栄養を常に運んでいますが、
冬場は葉を落として冬眠したように
なりますから、それが要因であるとも
いいます。

20181106_4

通常は盛岡市の近くにある岩手県森林組合の
市場から仕入れますが、
今年から一部を岩泉町内から仕入れることに
しました。

昨日訪れたのは、木材チップを製造する
新北菱林産株式会社さんの岩泉工場。

20181106_5

木材チップは紙の原料になります。

新北菱林産さんは会社で山を持っていて、
そこから切り出してきた木から
木材チップを作りますが、
立派なものは木材として
出荷もしています。

林業の盛んな岩泉にとっては、
なくてはならない基幹企業でもあります。

20181106_6

敷地に入ると、地元では「てーだぶ」と
呼ばれるレトロなボンネットトラックが
お出迎え。

このトラックはもちろん現役で、
岩泉町内を何台も走り回っています。
くわしくはこちら

20181106_1

当社の1.5tトラックが軽トラックに
見えるような、大きなトラックが
丸太を満載して次々に出入りします。

20181106_2

今回は、あらかじめチェックしておいた
セン材の丸太を5本受け取ってきました。
これから製材し、乾燥し寝かせてから
使いますので、これで家具を作るのは
2年後。

東京五輪が終わってからになります。

20181106_3

関連記事