岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

感想|キャビネット

宮城県 佐藤様

日頃、岩手の名品カレンダーに掲載のテーブルや椅子セットを始め、数え切れない程の岩泉純木家具に囲まれ、日々安らぎを感じております。

今回は毎日坐る、椅子とテレビ台としてキャビネットをお送りいただき1ヶ月一寸過ぎました。

キャビネットを開くたび栓の木目をたのしみ(当然ですが裏も眺め)、作り方を見たり塗装の光り方を眺めたり。

30年以上の純木家具とのおつき合い、本当に私にとっては自然と共に有る様な感覚なのです。

決して安価なものでは有りませんが、購入する際考えるのは心をこめて作られた家具、10年20年或はそれ以上使うことを考えると、1日にしたら幾らと思うと、決して高くないと考えます。

私には使ってくれる長男夫婦がいますから(私87歳)。

14176

この画像は工房で撮影したものです

関連記事