岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

ニレ材のテーブル天板(165cm)

無垢材の魅力を最大限に引き出したのが、このフリーテーブル。

木が生きてきた長い年月を感じさせる厚い天板を、脚の上に載せて使うスタイル。

美しい木目を楽しむことができるだけではなく、その木がどのような生き方をしてきたのかまで思いを巡らせることができます。

テーブルはただの「食事をするための台」ではありません。

家族が集まる場であり、生活の中心であり、いわば家という森を守る礎なのです。

素材としての「木」の魅力だけではなく、「樹」として生きてきた悠久の時間も楽しんでみませんか?

家具詳細

品名:フリーテーブル
お問い合わせ番号:21030
樹種:ニレ材(国産)
塗装:植物系オイル仕上
サイズ:W165 D約92  T4.9(cm)
価格:376,200円(T型脚製作料を含む)(税込)(本体価格342,000円)

木目が個性的な165cmテーブル

多くのお客様からご指示を頂いている165cm

当社で最も人気があるのは、150~160cmのサイズ。

「ビッグ テーブル ライフ」というにはやや小さめとも言えますが、ご夫婦、それに加えてお子様、というご家庭にはゆったり使える一般的な大きさと言えます。

本品は165cmで、どのご家庭でも第一にご検討いただく中でも、ゆとりあるサイズです。

特に、奥行きが90cmを超えて広いことも魅力です。

基本的な3枚ハギです。

木目に個性あるセミブックマッチ

ニレは、センと比べて木目にインパクトがあることが特徴です。

特に本品は節が特徴的なセミブックマッチで、全体として印象強い木目が魅力です。

ちょっと個性を出したいというお客様におすすめです。

ニレ材は、センやクリよりもやや香りが強めです。

蒸し暑い日に濡れ布巾を使ったときなど、焦げたような独特な香りがします。

木のにおいが気になる、できるだけ香らない方がいい、という方にはお勧めしません。

流れるような力強い木目

本品の魅力は、やはりこの力強い木目と言えるでしょう。

川の流れを思わせる印象深い木目は、生活空間をぐっと引き締めてくれます。

その一方で、玉杢や縮み杢などのように癖が強いというわけではないため、日々の安らぎを損ねてしまうことはありません。

あくまで自然体であり、しかし個性は発揮してくれるのが、本品の特徴です。

厚さはゆとりある4.9cm

本テーブルの厚さは4.9cm。

当社の標準的な厚さです。

せっかくこだわりの無垢材のテーブルを買うのだから、大木を思わせるボリューム感が欲しい、というお客様にご好評を頂いている厚さです。

個性が強めな木目なので、厚さが薄いとちぐはぐな印象になりかねません。

やはりこれくらいの厚さが欲しいですね。

滑らかに湾曲して魅力的な耳

両脇の、木の皮がついていた部分を「耳」と言います。動物の耳ではなく、パンの耳というニュアンスです。

耳の形は、木目と合わせてテーブルの印象を決める大きな要素の一つ。

本品は力強い木目が魅力ですが、ご家族で集まる食卓に使う場合には、安らぐ雰囲気が欲しいです。

本品の耳は丸みを帯び、とても柔らかい印象です。

荒い木目と対照的な柔らかい形の耳で、食卓としてもバランスが取れています。

しっかりとした木目を楽しみたい方におすすめ

本品は、ニレ独特の強い木目が魅力です。

ニレはケヤキの仲間なので、ケヤキと同じように美しく、力強い木目が出ます。

このテーブルは個性的でありながらバランスの良い節と、その周りを中心に独特な美しい木目が出ています。

インテリアに馴染む一方でアクセントにもなります。

より印象を強めたいという場合には、金属製のテーブル脚などと組み合わせても面白いのではないでしょうか。

奥行きは広い約92cm

最も広い部分で約95cm、木口側はやや狭くなって89cmあります。

平均としては約92cmというところですね。

食卓としては、使いやすい範囲で最大級の奥行きの広さがありますので、向かい合わせに座っても狭く感じることはないでしょう。

裏面は子どもの落書きなども気にせずに

脚を天板に固定しないフリーテーブルは、天板の裏面も使えるのが魅力です。

セミブックマッチの表面に対して、裏面は木目がやや揃っていない印象があるかもしれません。

一方で、初めて無垢材のテーブル、特にオイル塗装のテーブルを使うときには、お手入れが不安だったり、小さな子どもの落書きなどが心配になったりしますよね。

そういう方は、こちらの面から先に使ってみてください。

その上で、使い慣れてきたり、子どもが大きくなったりしたら、ひっくり返してセミブックマッチの表面を使ってみるとよいです。

もっとも、マジックでの落書きや深めの傷も、削り直せばきれいに消えてしまいます。

表面も含め、適度にお手入れをしながら、あまり遠慮せずにお使いください。

傷をつけたくないからとビニールをかけてしまうと、心地よい手触りという無垢材テーブルとしての価値が半減してしまう上に、天板の反りなどのトラブルの原因になります。

耳に大きな樹脂埋めがある分、お買い得

耳の一部に深い傷があり、削ると耳の形が大きく変わってしまうため、樹脂で埋めてあります。

この分、大きさと木目の美しさと比較して価格は割安になっていますので、お買い得です。

動画によるご案内

YouTubeで見る

ご購入について

実店舗:ギャラリー純木家具

オンラインで直接:お問い合わせフォーム

ECサイト:Creema / Yahoo!ショッピング

家具詳細

品名:フリーテーブル
お問い合わせ番号:21030
樹種:ニレ材(国産)
塗装:植物系オイル仕上
サイズ:W165 D約92  T4.9(cm)
価格:376,200円(T型脚製作料を含む)(税込)(本体価格342,000円)

岩泉純木家具について

別のテーブルを探す

家具のお手入れのしかた

お手入れオイルの使い方

森と水の町で家具作り

純木家具の商品

関連記事