岩泉純木通信Iwaizumi Jyunboku Times

クルミ材のテーブル天板(165cm)

無垢材の魅力を最大限に引き出したのが、このフリーテーブル。

木が生きてきた長い年月を感じさせる厚い天板を、脚の上に載せて使うスタイル。

美しい木目を楽しむことができるだけではなく、その木がどのような生き方をしてきたのかまで思いを巡らせることができます。

テーブルはただの「食事をするための台」ではありません。

家族が集まる場であり、生活の中心であり、いわば家という森を守る礎なのです。

素材としての「木」の魅力だけではなく、「樹」として生きてきた悠久の時間も楽しんでみませんか?

家具詳細

品名:フリーテーブル
お問い合わせ番号:21055
樹種:クルミ材(岩手県産)
塗装:植物系オイル仕上
サイズ:W165 D約90  T5.0(cm)
価格:440,000円(T型脚製作料を含む)(税込)(本体価格400,000円)

一般のご家庭にとても人気がある165cmのテーブル

「普通のテーブル」としてゆとりある165cm

本品はゆとりある165cm。

「ビッグ テーブル ライフ」としてはやや小ぶりではありますが、一般のご家庭では十分な大きさです。

4,5人でお使いいただくこともできますし、おふたりくらいでゆったりとお使いいただくのもおすすめです。

小人数だから小さいテーブルで十分。それは間違いないですが、少人数で大き目のテーブルを楽しむことが「ビッグ テーブル ライフ」です。

大木の下で寄り添うように、ちょっと大きなテーブルを使ってみませんか?

落ち着いたクルミ材らしい色味

材木は、岩手県産のオニグルミ材。

適度な硬さと褐色の落ち着いた色味、手ざわりのやさしさが魅力です。

クルミ材は当社で最も人気があり、おすすめの一枚です。

ケヤキやセン、クリなどのようにくっきりした木目が出ないタイプの木ですので、若いお客様にもご注文いただいています。

ブックマッチではありませんが、板目の間に柾目を挟んでいるので、ほぼ2枚ハギに見える3枚ハギです。

クルミらしい柔らかな木目

クルミらしい、存在感がありながらまろやかな木目です。

クルミ材は木目がそれほど目立たない代わりに、中心部は茶色っぽく、皮に近い部分は白っぽく、くっきりと色が分かれます。

本品は周辺の白っぽい部分が少なく、全体的にほぼ赤身だけで作られています。

また、クルミ材の中でも特に木目が目立たないことから、自己主張の強いテーブルが苦手、というお客様に是非お勧めしたい逸品です。

比較的安価なテーブルは、細い材木を5枚、6枚、あるいはそれ以上はぎ合わせてつくられています。

そういったテーブルは木目を楽しむというよりは木目が「ある」だけ、という印象になりがちです。

一方、このテーブルのような3枚ハギ、さらに木材を厳選し、丁寧な木取りと木目合わせを行ったものですと、木目の美しさを堪能できるのはもちろん、その木が生きていた時の姿を想い描くなどの楽しみが加わりますね。

厚さはゆとりある5cm

本テーブルの厚さは5cm。

当社の標準的な厚さです。

せっかくこだわりの無垢材のテーブルを買うのだから、大木を思わせるボリューム感が欲しい、というお客様にご好評を頂いている厚さです。

木目を厳選した3枚ハギで、長さも160cm以上ありますので、厚さが薄いとボリューム不足の印象になってしまいます。

やはりこれくらいの厚さが欲しいですね。

自己主張しないまっすぐでなめらかな耳

両脇の、木の皮がついていた部分を「耳」と言います。動物の耳ではなく、パンの耳というニュアンスです。

耳の形は、木目と合わせてテーブルの印象を決める大きな要素の一つ。

クルミ材は木目の印象が弱めで、全体的に柔らかい雰囲気です。

耳は時にややごつごつした形状に育ちますが、本品はかなりまっすぐで、なめらかです。

おとなしい木目となめらかな木目。

木のテーブルは欲しいけれど、形や木目のクセがない方がいい、というご希望にはぴったりです。

くせがなく、とてもおとなしい形状と木目

当社のテーブルは、やや丸みを帯びた長方形のものが多いですが、本品はほぼまっすぐな長方形。

木目はおとなしく端正で、割れはなく、落ち着きがあります。

「樹のテーブルでお部屋にアクセントを」というお客様には物足りないと思います。

一方、「あまり自己主張させずインテリアに馴染ませたい」というお客様にはぴったりです。

(セミ)ブックマッチではありませんが、同じ丸太から採れた板ですし、木目が目立たないため特に気になりません。

クルミ材は人気があり、同じ大きさのものであれば他の樹種よりも先にご購入いただくことが多いです。

それに対して木材としての流通は少なめで、たくさん作ることはできません。

ちょうどいいテーブルでしたら、ぜひお早めにお求めください。

奥行きはちょうどいい約90cm

奥行きについては、右と左の端は約91cm、中央はやや狭くて88cmくらいです。

平均としては約82cmくらい。

食卓としては、「ビッグテーブル」というには小さめですが、お二人で使えばとても広く、4人で使ってもゆとりがあり、人気のある大きさになります。

奥行き(短辺方向)のイメージとしては、80cm~90cmくらいを基準と考えていただくといいです。

95cmを上回ると、正面の相手との距離がやや遠すぎるように感じることが多いです。

裏面も節がなく、全体的にとてもなめらか

本品は裏面にも節がありません。

やや入り皮の筋が見えますが、それでもテーブルとしてお使いになればほとんど気にならないでしょう。

セン材やケヤキ材ですと、裏面は表面より木目がずれて見えることが多いです。

しかしクルミ材は木目が目立たない木なので、裏面も表面と見分けがつかないほどです。

おすすめの逸品です。

ご購入について

実店舗:ギャラリー純木家具

オンラインで直接:お問い合わせフォーム

家具詳細

品名:フリーテーブル
お問い合わせ番号:21055
樹種:クルミ材(岩手県産)
塗装:植物系オイル仕上
サイズ:W165 D約90  T5.0(cm)
価格:440,000円(T型脚製作料を含む)(税込)(本体価格400,000円)

動画によるご案内

YouTubeで見る

岩泉純木家具について

別のテーブルを探す

家具のお手入れのしかた

お手入れオイルの使い方

森と水の町で家具作り

純木家具の商品

関連記事